賃貸オーナー様へ

「賃貸管理・建物管理」専門の不動産会社ピエス

 

ピエスは

賃貸オーナー様一人一人の

アパート経営を徹底的に考える。

 

 

「賃貸管理・建物管理」"特化"した

那覇市の"不動産会社"

 

 

 

只今、賃貸オーナー様募集中

建物のリスク管理のため、即時に移動できる「那覇市」「浦添市」「豊見城市」を中心に活動しています。地域密着型不動産会社です。

「ピエスの賃貸管理・建物管理に興味がある。」「管理会社がまだ決まっていない。」などがおありでしたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

アパート経営で最も重要なこととは?

アパート経営で最も重要なこととは「空室期間を短くする」ことです。

 

極端な話ですが、建物から生涯で得られる家賃収入の総額はおおよそ決まっています。(※)

そして「空室期間」が長くなるほど得られる金額が減ります。

 

空室期間による損失(入居者がいたら得られていただろう家賃収入)は、次の入居者に転嫁できるものではありません。二度と取り戻すことができないのです。

 

 

(※)

不動産にはいろいろなリスクがあり、値下がりはもちろんのこと、周辺環境の変化により値上がりするといったことも頻繁に起きています。そのため、収益が増えることもありますが、老朽化にともない建物を壊すのは必然です。そのことを考えると、建物から得られる生涯収益に限りがあります。

 

 

ピエスのアパート経営リスクマネジメント

アパート経営には「空室リスク」「家賃滞納リスク」「家賃下落リスク」「建物老朽化リスク」「自然災害リスク」があります。

ピエスではこのリスクに対し徹底的な対策に日々取り組んでいます。

 

 

1.ピエスの空室リスクの取り組み その1

統計的に1件の申込をいただくには5組の案内が必要になると言われています。そのため、多くのお客様をお部屋に案内する必要があります。そこで、ピエスでは賃貸オーナー様が他社紹介NGの意思表示がない限り、全管理物件を協力不動産会社様に仲介のお願いをしています。

 

 

2.ピエスの空室リスクの取り組み その2

空室の見積りが遅い、補修工事業者が立て込んでいて補修が遅い。こんなことありませんか?

 

ピエスはこれまで原状回復工事・住宅修繕・リフォームの事業を行ってきました。

その強みを活かし、退去室内確認、修繕見積、補修工事を自社で行うことにより短期間で「即入居可」の状態にします。

 

但し、繁忙期など空予定が多く出てしまい、自社で工事を行うより協力業者にお願いしたほうが工事が早いと判断した場合は、協力業者に依頼しています。

 

ピエスは空き部屋を短期間に入居可能な状態にすることにより空室期間を短くします。

 

 

3.ピエスの空室リスクの取り組み その3

現在入居している方に長く住んでいただくことも「空室リスク」の対策になります。

先にも述べた通りピエスは修繕工事も行っています。そのため入居者様よる設備故障などの連絡に即時対応可能です。

設備故障の対応スピードは、入居者の建物満足度に影響します。

 

修繕を自社で行えることはピエスの強みです。

 

 

3.ピエスの空室リスクの取り組み その4

ピエスでは巡回清掃・定期清掃によってキレイな建物環境維持に力を入れています。

 

案内時に建物がキレイであるかどうかは入居の判断基準になります。

また、建物がキレイに維持されることにより既存の入居者の長期入居につながります。

 

ピエスの建物管理の詳細について「こちら(Click)」を参照してください。

 

建物のキレイは建物の経年劣化リスク対策にもなります。

その活動はTwitterにも投稿しますので、もしよければフォローをお願いします。

 

 

賃貸オーナー様へ

ピエスは賃貸オーナー様一人一人のアパート経営を徹底的に考えることをお約束します。

那覇市で建物管理満足度1番の管理会社を目指します。

 

管理会社しだいでお持ちの建物が変わります。重要なのは賃貸オーナー様の行動です。

 

「ピエスの賃貸管理に興味がある。」「管理会社がまだ決まっていない。」などがおありでしたら、お気軽にご連絡ください。